「西河」は、天保2年(1831年)京都にて創業。「京すだれ」「京竹工芸」など伝統の技に創意工夫を凝らした作品を作り続けています。

カートの中には何もありません。

小計: ¥0

初代近江屋源兵衛は、天保2年(1831年)葭すだれ商として京都にて創業。本年で創業185年を迎えます。2代目の時、宮中や武家階級でしか使えなかった御簾を、一般にも使えるように考案し普及させました。それまでザルなどの日常の道具が多かった京都の竹工芸品を、茶道・華道の文化を取り入れ、「すだれ」とともに現在の竹工芸品への礎を築きました。

Close